【エーザイ・中間決算会見】国内事業ジェネリック薬に苦戦‐アリセプト、DLBで巻き返しへ

2014年11月7日 (金)

ニュース


内藤晴夫社長

内藤晴夫社長

 エーザイの内藤晴夫社長は10月30日、2014年度上期業績目標未達の要因となった主力のアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト」と胃潰瘍治療薬「パリエット」の売上減について、「ジェネリック薬との競合で大敗を喫した」との認識を示した。下期には、9月にアリセプトで適応追加したレビー小体型認知症(DLB)の疾患啓発を進めて新たな処方を呼び込み、「国内医薬品事業の復活を成し遂げたい」と挽回を誓った。

 同社の中間決算で国内医薬品事業は、前年同期に比べ、202億円の減収となった。計画対比でみても、トップラインで70億円、ボトムラインで20億円の未達であり、内藤氏は「ふがいない実績で終わった。目標を達成できなかったのは申し訳ない」と語った。ただ、「原因ははっきりしている」として、通期目標を変更しないと強調した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【エーザイ・中間決算会見】国内事業ジェネリック薬に苦戦‐アリセプト、DLBで巻き返しへ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS