【日漢協】訪中し情報交換‐国内生産額などを説明

2014年11月7日 (金)

ニュース


y11496_03-01

 日本漢方生薬製剤協会は10月19~22日、中国の関連機関・団体を訪問し、情報交換を行った。2005年、08年に次いで3回目の訪中で、原料生薬の継続的な調達に向け、最大輸入国である中国との関係強化が狙い。

 中国国内では日本に対して「中国から輸入した原料を使って製品化し、海外輸出で巨大な利益を上げている」との認識が広がっている。今回、日漢協側から漢方製剤等の生産額・輸出額を説明し、こうした懸念の払拭に取り組んだ。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日漢協】訪中し情報交換‐国内生産額などを説明

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS