マイナンバーと切り離しを‐「医療等専用番号が必要」3師会が声明

2014年11月25日 (火)

ニュース


会見する3師会幹部

会見する3師会幹部

 日本医師会、日本薬剤師会、日本歯科医師会の3師会は19日、共同記者会見を開き、医療情報の番号に関する法整備等を提言する声明を発表した。来年10月にマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が開始されることを受け、医療情報はマイナンバーの個人番号と切り離し、国民が希望時に変更できる専用の番号が必要と提言。医療情報の二次利用を厳しく制限する法改正等も求めた。

 マイナンバー制度の開始に向け、次期通常国会で個人情報保護法の改正が予定されている。こうした中、3師会は、医療情報を扱う番号が複数施設、多職種がかかわる地域医療・介護連携で活用されることは効率的とする一方、医療記録として名寄せできる可能性に懸念を表明。マイナンバーとは別に、国民が必要な時に番号を変更できる医療等分野の専用番号(医療等ID)が必要とした。特に医療等IDは、覚えきれない文字とする「見えない番号」を使うよう求めた。



HOME > ニュース > マイナンバーと切り離しを‐「医療等専用番号が必要」3師会が声明

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!