【和歌山県薬】専属スポーツファーマシスト、全競技団体に配置‐全国初、来秋の国体に向け

2014年12月4日 (木)

ニュース


 和歌山県薬剤師会は今年度から、和歌山県の要請を受けて、国体に出場する40競技団体の全てに専属のスポーツファーマシストを配置した。各競技団体でアンチ・ドーピング講習会を実施し、個別の相談にも応じている。来秋開催の紀の国わかやま国体に向けて、薬物を使って好成績を収めようとする意図的なドーピングや、うっかりドーピングを防止し、選手のフェアプレイを支援する。各競技団体への専属者の配置は全国で初めてという。

 和歌山県薬は、30人強のスポーツファーマシストを希望に応じて40団体に割り振った。現在は複数団体を掛け持ちするケースもあるが、来年度は各競技団体にそれぞれ2人以上を配置したい考えだ。



HOME > ニュース > 【和歌山県薬】専属スポーツファーマシスト、全競技団体に配置‐全国初、来秋の国体に向け

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!