【都薬】在宅服薬支援事業を開始‐モデル3地区で医療連携

2014年12月15日 (月)

ニュース


 東京都薬剤師会は、訪問看護ステーション(訪問看護ST)やケアマネージャー、医療機関と連携する「在宅医療服薬支援事業」を開始した。厚生労働省の「薬局・薬剤師を活用した健康情報拠点推進事業」として、来年3月までモデル地区に選んだ3都市において、在宅医療で服薬状況に問題がある患者に対し、医療連携により服薬管理等の支援を行う。

 同事業は、在宅医療に先進的に取り組んでいるモデル地区として、品川区、中野区、八王子市の3都市を選び、それぞれの地区で20例、計60人の訪問薬剤管理指導が必要な在宅療養中の患者に対し、服薬管理等の支援を行う。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【都薬】在宅服薬支援事業を開始‐モデル3地区で医療連携

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS