【理研チーム】細菌の抗生物質耐性獲得、予測する新手法を開発‐少数遺伝子発現量の変化解析

2015年1月9日 (金)

ニュース


 理化学研究所生命システム研究センターの研究チームは、複数の抗生物質に対して耐性を持つ大腸菌を解析し、少数遺伝子の発現量データだけで、抗生物質への耐性を定量的に予測できる新たな手法を開発した。この手法によって、細菌が抗生物質への耐性を獲得する際、鍵となるのはどの遺伝子の発現量変化なのか、膨大な数の遺伝子から抽出することが可能になる。

 現在、細菌が抗生物質に対する耐性をどう獲得したのかを知るためには、耐性菌が持つ性質(耐性を示す表現型やゲノム配列など)を調べることは広く行われているが、どのような過程を経て細菌が耐性を獲得したのかを明確にすることが難しい場合があった。



HOME > ニュース > 【理研チーム】細菌の抗生物質耐性獲得、予測する新手法を開発‐少数遺伝子発現量の変化解析

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!