【米BMS】抗PD-1抗体「ニボルマブ」、肺扁平上皮癌でOS延長‐主要評価達成しPIII早期終了

2015年1月23日 (金)

ニュース


 米ブリストル・マイヤーズ・スクイブは、治療歴のある進行期肺扁平上皮癌を対象とした抗PD-1抗体「ニボルマブ」の第III相試験「checkmate-017」を早期に終了したと発表した。独立データモニタリング委員会による有効性評価で、ニボルマブ群が対照薬のドセタキセル群に対し、有意な全生存期間延長を示し、主要評価項目を達成したため。今後、「checkmate-017」の最終的なデータの評価を完了し、結果を公表するという。

 肺扁平上皮癌の2次治療で272人の患者を対象に、ニボルマブ3mg/kgを2週間に1回静脈内投与する群、ドセタキセル75mg/m2を3週間に1回静脈内投与する群に無作為に割り付けた非盲検試験で、主要評価項目として全生存期間を検討した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【米BMS】抗PD-1抗体「ニボルマブ」、肺扁平上皮癌でOS延長‐主要評価達成しPIII早期終了

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS