【文科省連絡会議】実務実習、4期制で概ね合意‐実施期間の連続性を確保へ

2015年1月29日 (木)

ニュース


 文部科学省の「薬学実務実習に関する連絡会議」は26日、実習の枠組みを現行の3期制から4期制に変更する方向性について、概ね合意した。

 現行では、病院実習、薬局実習ともに11週間ずつ計22週を標準とし、5~7月(第1期)、9~11月(第2期)、1~3月(第3期)の三つの期に日程を分けて実施するケースが多いが、病院と薬局の実習に連続性を持たせるため、病院と薬局実習の内容を一本化した改訂コアカリの方針を踏まえ、偶数の4期制にして連続して2期の実習を組めるようにする。



HOME > ニュース > 【文科省連絡会議】実務実習、4期制で概ね合意‐実施期間の連続性を確保へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!