【薬食審部会】血液由来用具使用を了承‐国家戦略特区で特例措置

2015年3月10日 (火)

ニュース


 薬事・食品衛生審議会血液事業部会は4日、iPS細胞等から創薬研究に用いる肝細胞や心筋細胞を製造・販売する場合、国家戦略特別区域に限定し、ヒトの血液を原料に使用できるようにすることを了承した。同区域における血液法規制の特例とするもので、今後、厚生労働省は、事業者の要件等を整備し、国家戦略特区域法の改正案に盛り込む方針だ。

 iPS細胞などの再生医療技術の発展に伴い、創薬研究の場面でもヒト由来肝細胞や心筋細胞を人工的に製造し、研究用具として利用することに期待が高まっている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【薬食審部会】血液由来用具使用を了承‐国家戦略特区で特例措置

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!