【厚労省】高額レセでジェネリック薬の割合低く‐協会けんぽ調査で判明

2015年3月19日 (木)

ニュース


効果的な差額通知を

 高額療養費の対象相当となる調剤レセプトのジェネリック医薬品(GE薬)の使用割合を調べたところ、対象外のレセプトに比べて低い傾向にあったことが、全国健康保険協会(協会けんぽ)の調査で分かった。1カ月で2万6410点未満のレセプトでは使用割合が58.6%だったのに対し、2万6410点以上の高額レセプトでは34.5%にとどまった。厚生労働省が16日の全国関係会議で報告したもので、さらに高額療養費制度を利用する被保険者にも差額通知を送り、使用促進への前向きな対応を都道府県担当者に要請した。

 協会けんぽは、昨年9月の1カ月分の調剤レセプトのうち、一般の高額療養費対象相当となる2万6410点(医療費で26万4100円)以上のレセプトを調べたところ、GE薬の使用割合が34.5%と、2万6410点未満のレセプトの58.6%に比べて低いことが分かった。



HOME > ニュース > 【厚労省】高額レセでジェネリック薬の割合低く‐協会けんぽ調査で判明

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!