【武蔵野大研究グループ】「セルフチェックカード」作成‐薬剤師への相談促すツールに

2015年4月2日 (木)

ニュース


武蔵野大学薬学部・大室教授らの研究グループが作成

セルフチェックカード:陳列棚に配置し手にとってもらう

陳列棚に配置し手にとってもらう

 武蔵野大学薬学部医薬品情報学教授の大室弘美氏らの研究グループは、一般用漢方処方製剤を需要者が購入する前に注意すべき情報などを簡潔にまとめた「セルフチェックカード」を作成した。薬局の一般用医薬品陳列棚に配置して手にとってもらい、薬剤師への相談を促すツールとして活用する。オーストラリアで使用されている「シェルフトーカー」の日本版として作成した。1日からイオングループの1店舗で試行を開始する計画だ。

 2枚の名刺を縦に連ねた大きさの用紙に、添付文書から抜粋した情報を整理し、平易な言葉に置き換えて記載。それを二つ折りにし陳列棚に配置する。

セルフチェックカード:二つ折りを開いた両面に注意事項を記載した

二つ折りを開いた両面に注意事項を記載した
※画像クリックで拡大表示



HOME > ニュース > 【武蔵野大研究グループ】「セルフチェックカード」作成‐薬剤師への相談促すツールに

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!