【JACDS】薬歴未記載問題で全社にチェック要請‐近く再発防止策の発表へ

2015年4月14日 (火)

ニュース


宗像守氏

宗像守氏

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の宗像守事務総長は3日の定例会見で、薬歴未記載問題への対応に関して、「厚生労働省からの点検要請に対しては、全社に提出している状況」と説明した。さらに協会からの再発防止点検チェックリストについては、「本部と店舗のダブルチェック体制を整備するという再発防止に向けたチェック体制構築を要請し、全ての会員企業がこれを完備したという報告を受けた」とした。

 この問題に関し、JACDSでは先に「調剤業務不適切問題対策本部」を設置しており、この中で経営者、薬剤師、有識者からの意見聴取を行ったという。宗像氏は「近いうちに再発防止策を決定し、どのようなことに取り組んでいくのか等を示したい。再発防止策を示し、それらに問題はなく、これで徹底できるということを確認した後に、対策本部は解散となる。できればゴールデンウイーク明けくらいに、解散したいとは思う」と述べた。



HOME > ニュース > 【JACDS】薬歴未記載問題で全社にチェック要請‐近く再発防止策の発表へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!