【消費者庁】一般薬の副作用、5年で死亡15例‐重症化前に薬剤師へ相談を

2015年4月14日 (火)

ニュース


 消費者庁は8日、一般用医薬品の副作用による死亡例が、2009年度から13年度までの5年間で医薬品医療機器総合機構(PMDA)に15例報告されたことを踏まえ、使用者に注意を呼びかけた。同庁は、一般薬の服用で起こる重篤な副作用であるスティーブンス・ジョンソン症候群など、主な副作用の事例を紹介し、重症化する前に医師や薬剤師に相談するよう促した。

 09年度から13年度までの5年間に、製造販売業者からPMDAに報告された一般用医薬品の副作用報告数の合計は計1225例で、このうち副作用で死亡した症例が15例、後遺症が残った症例が15例に見られた。



HOME > ニュース > 【消費者庁】一般薬の副作用、5年で死亡15例‐重症化前に薬剤師へ相談を

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!