【厚労省】危険ドラッグで水際対策‐輸入者に初の検査命令

2015年4月21日 (火)

ニュース


 厚生労働省は14日付で、危険ドラッグを輸入しようとした男性に対し、検査命令と販売等停止命令を実施した。これまで物品にかけられていた検査命令等が初めて危険ドラッグの輸入者にも適用された。厚労省は、今後も水際で危険ドラッグの国内流入を阻止するため、機動的な対策に取り組んでいく方針だ。

 同省の関東信越厚生局麻薬取締部は、今月までに危険ドラッグの疑いが強い輸入物品25件について、検査命令が必要と判断し、輸入通関手続きを差し止めてきた。14日には、危険ドラッグ原料の疑いのある物品を輸入しようとした男性に対し、その発送先である住所に立ち入りを行った上で、検査命令等を実施した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】危険ドラッグで水際対策‐輸入者に初の検査命令

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!