【CiRA/武田薬品】iPS細胞でタッグ‐細胞医療、創薬で連携

2015年4月21日 (火)

ニュース


握手する武田薬品のクリストフ・ウェバー社長(左)とCiRAの山中伸弥所長

握手する武田薬品のクリストフ・ウェバー社長(左)とCiRAの山中伸弥所長

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と武田薬品は、心不全、糖尿病、神経疾患などを対象に、iPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究契約を締結した。契約期間は10年間と長期にわたっており、武田が200億円の研究費用を負担する。両者は、CiRAが主導するiPS細胞技術を用いた創薬研究や細胞治療に関する複数の研究プロジェクトを実施する。山中伸弥CiRA所長が研究全体を指揮し、武田が研究運営に対する助言を行う。

 山中氏は、17日の記者会見で、「ベンチャーを介さずに、企業と大学が直接連携するモデルになる。日本全体の産学連携の促進につなげたい」との意欲を語った。



HOME > ニュース > 【CiRA/武田薬品】iPS細胞でタッグ‐細胞医療、創薬で連携

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!