残薬対策、薬局の活躍方策検討‐衆院本会議で塩崎厚労相

2015年4月22日 (水)

ニュース


 塩崎恭久厚生労働相は14日に開かれた衆院本会議で、医療費の適正化につながる残薬対策を進めるため、「薬局の取り組みの実態調査などを実施し、地域の薬局・薬剤師の活躍を促すための方策を検討していく」との考えを示した。維新の党の牧義夫衆議院議員への答弁。

 衆院本会議で審議入りした医療保険制度改革関連法案について、牧氏は、「患者負担の増加が目立つ。患者負担を求める前に、厚労省などが一定の効率化の努力をすべき」と指摘し、医療費適正化に向けた取り組みの一つとして、残薬対策を挙げた。



HOME > ニュース > 残薬対策、薬局の活躍方策検討‐衆院本会議で塩崎厚労相

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!