【薬事日報調査】共用試験合格者、1万人切る‐受験者の減少が一つの要因

2015年4月23日 (木)

ニュース


4年制卒業者は91人に

 2015年度の薬学生の実務実習が5月11日から開始されるが、その対象となる共用試験合格者が前回調査より279人減少し、9789人と1万人を切ったことが本紙調査により明らかになった。今年度で6年目を迎える長期実務実習だが、本紙が調査を開始した09年度試験(9338人)以降、対象者が1万人を割り込んだのは初めて。ただ、その背景には受験者数そのものの減少があるようだ。なお、合格者のうち4年制学科卒業者は91人だった(表参照

 薬学生の実務実習実施の前提となる共用試験が09年度に実施されて以降、本紙では毎年、各大学の協力を得て合格者数の調査を実施し、実務実習の対象者数の把握を行ってきた。多くの薬科大学、薬学部では、各ホームページを通じてCBT、OSCEの各合格者数と最終合格者数を公表している。

 今回も各受験者数を含め、各合格者数と最終合格者数について調査協力を求めた。



HOME > ニュース > 【薬事日報調査】共用試験合格者、1万人切る‐受験者の減少が一つの要因

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!