【行政改革推進会議検証グループ】後発品目標引き上げで論戦‐厚労省、80%に難色示す

2015年5月19日 (火)

ニュース


 政府の行政改革推進会議に設置した「歳出改革ワーキンググループ重要課題検証サブ・グループ」は15日、医薬品の国民負担を軽減するための後発品の使用促進策について、厚生労働省と財務省からヒアリングを行った。2017年度に後発品の数量シェア60%を達成する目標について、財務省は、達成時期を前倒しした上で80%への目標引き上げが可能と主張。一方、厚労省は、後発品メーカーの供給能力を考慮すべきとの考えを示し、目標引き上げに難色を示した。次回以降、関連団体からヒアリングを行い、6月の中間まとめを目指す。

 同ワーキンググループは、8日に開いた会合で、後発品の使用促進は、国民の医療費負担の軽減に大きく寄与するため、早急に審議する必要があると判断。その第1弾として、後発品の使用促進策をめぐり厚労省と財務省からヒアリングを行った。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【行政改革推進会議検証グループ】後発品目標引き上げで論戦‐厚労省、80%に難色示す

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!