【武田薬品】潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」に期待

2015年5月20日 (水)

ニュース


クリストフ・ウェバー社長

クリストフ・ウェバー社長

 武田薬品のクリストフ・ウェバー社長は、15日の決算会見で、2014年度に上市した四つの新製品売上で1000億円近くを達成し、「癌やCNSのスペシャリティ領域、消化器領域でも成功できることを示した」と強調。特に潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」が発売初年度で売上200億円を突破したことについて、「わずか10カ月で自社製品の売上6位にランクインした。武田のトップ製品になれる」と手応えを示した。

 武田は抗癌剤「アドセトリス」、降圧剤「アジルバ」、抗うつ剤「ブリンテリックス」、エンティビオの4製品で972億円を売り上げた。エンティビオは、米子会社ミレニアム社が創製したヒト化α4 β7インテグリンモノクローナル抗体。世界18カ国で販売するグローバル製品となっている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【武田薬品】潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」に期待

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS