【第一三共】新薬事業への集中を決断‐グローバルでの経営方針見直し

2015年5月20日 (水)

ニュース


中山讓治社長

中山讓治社長

 第一三共は、昨年3月に印サンファーマにジェネリック医薬品(GE薬)事業の印子会社「ランバクシー・ラボラトリーズ」を売却したのを受け、グローバルにおける新薬とGE薬の両輪事業の複眼経営を見直し、新薬に回帰する新たな中期経営方針を発表した。中山讓治社長は15日の会見で、「規模拡大による成長戦略から、第一三共グループの強みを生かす筋肉質の成長に転換する」と説明。来年3月に2016~20年度の5カ年新中期経営計画を策定する予定で、主力の高血圧症治療薬「オルメサルタン」の特許切れする17年度に売上1兆円、営業利益1000億円を死守し、その後に本格的な成長を目指す。

 同社は、昨年度からスタートした第3期中計で、ランバクシーを成長ドライバーの一つとして位置づけ、事業展開を進めてきた。しかし、ランバクシーの印工場における品質問題・米国禁輸措置により、期待した成果を中計期間中に得ることは困難と判断し、ランバクシーをグループから切り離し、グローバルでの経営方針の見直しを図った。



HOME > ニュース > 【第一三共】新薬事業への集中を決断‐グローバルでの経営方針見直し

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!