【厚労省】「ソバルディ」に公費助成‐C肝患者負担は3~8万円

2015年5月20日 (水)

ニュース


 厚生労働省は、C型慢性肝炎に対するソホスブビル(製品名:ソバルディ)とリバビリンとの併用療法を、医療費助成の対象とすることを決めた。インターフェロンを必要としないソバルディ併用療法に対し、治療期間の12週間まで1人1回のみ医療費を助成する。これにより、患者負担は最大でも8万円程度で済む見通し。18日に開いた肝炎治療戦略会議で了承された。

 ソバルディは、リバビリンとの併用により、ウイルス血症を改善するC型慢性肝炎治療薬。きょう20日付で薬価収載、保険適用となる。400mg錠が1錠6万1799円、3カ月の内服で薬剤費が約550万円かかるが、医療費助成により、患者負担は月1~2万円程度で済むことになる。



HOME > ニュース > 【厚労省】「ソバルディ」に公費助成‐C肝患者負担は3~8万円

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!