GE薬協・吉田会長「後発品目標80%以上、時間の猶予が必要」

2015年6月1日 (月)

ニュース


再任された吉田逸郎会長

再任された吉田逸郎会長

 日本ジェネリック製薬協会は5月26日、都内で開かれた総会で、吉田逸郎会長(東和薬品社長)を再任した。吉田氏は、総会後の懇親会であいさつし、ジェネリック医薬品(GE薬)の数量シェア目標60%から80%まで引き上げる議論に言及し、「GE薬の長期な安定供給体制に努力しているが、時間が必要になる」と述べた上で、「(GE薬使用促進策の)趣旨としては非常にありがたいが、時間の猶予をもう少し考慮していただきたい」と語った。

 吉田氏は、現在のGE薬の浸透度合いについて、「数量シェアの最新データでは50%を超え、過半数を超えたのは大変意義のあること」と強調した。



HOME > ニュース > GE薬協・吉田会長「後発品目標80%以上、時間の猶予が必要」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!