日薬・山本会長、調剤技術料見直し提言に反論

2015年6月9日 (火)

ニュース


山本信夫会長

山本信夫会長

 日本薬剤師会の山本信夫会長は4日の記者会見で、調剤技術料の伸び率が医科や歯科に比べて大きく、見直す必要があると提言した財政制度等審議会の建議に言及。「実質的な伸びは医科や歯科並み」と反論した。

 その上で、「あたかも薬局の調剤技術料だけが伸びているように説明し、それを抑制すべきだとする提言には賛成しかねる」と述べ、次期診療報酬改定に向け、中央社会保険医療協議会の議論の中で反対していく考えを示した。

 建議では、分業の進展の影響を除いても、医科や歯科に比べて薬局の技術料の伸び率が大きいと指摘。2009年度をベースにした場合の伸び率を見ると、13年度には19%増となっているとし、薬局が果たしている機能に見合った適正な技術料かどうか、その収益率も踏まえて見直す必要があると提言した。



HOME > ニュース > 日薬・山本会長、調剤技術料見直し提言に反論

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!