【日病薬第51回通常総会】次期診療報酬改定、7項目が重点要望事項‐ハイリスク薬、周術期管理など

2015年6月25日 (木)

ニュース


北田光一会長

北田光一会長

 日本病院薬剤師会は、20日に都内で開いた第51回通常総会で、来年4月の2016年度診療報酬改定に向けて、ハイリスク薬を使用する外来患者に対する薬学的管理の評価や、周術期患者への薬学的管理に対する評価の新設など7項目を重点要望事項に位置づけることを確認した。

 北田光一会長は、16年度改定について、「病棟業務のさらなる充実は言うまでもないが、薬に関する全てのことに責任を持つという覚悟で、中央診療部、外来を含めたところで薬剤業務の展開を進めていかなければならない」と強調。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日病薬第51回通常総会】次期診療報酬改定、7項目が重点要望事項‐ハイリスク薬、周術期管理など

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS