【特許庁】日本の特許、世界が参照可‐国際ネットワークに参加

2015年7月16日 (木)

ニュース


 特許庁は13日、世界知的所有権機関(WIPO)が提供する特許の出願・審査情報共有ネットワーク「WIPO-CASE」に正式参加すると発表した。これにより、世界18の参加国の審査結果を参照できるようになり、海外で日本企業に質の高い権利が付与されることが期待される。

 知的財産活動がグローバル化する中、同じ発明が世界の複数国・地域に特許出願されているため、各国・地域の特許庁からは、同じ発明の先行技術調査や特許性の判断を参照することにより、審査の効率化を図るための特許出願・審査情報の共有化が望まれていた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【特許庁】日本の特許、世界が参照可‐国際ネットワークに参加

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS