技術料を薬局経営の柱に‐厚労省・鈴木審議官、対人サービスへ業態転換促す

2015年7月27日 (月)

ニュース


鈴木康裕技術総括審議官

鈴木康裕技術総括審議官

 厚生労働省の鈴木康裕技術総括審議官は19日、千葉市の幕張メッセで開かれた日本在宅薬学会学術大会で講演し、薬局薬剤師のあり方について、「物品販売業から対人サービスを提供する専門集団になってほしい」と要請。対人サービスの技術料を薬局経営の柱に位置づけることが必要との考えを示した。

 その中で、「付加価値の高いサービスである在宅に踏み込んでほしい」と積極的な活動を促す一方、「薬剤師が数人の小規模薬局が単独で在宅業務を行うのは難しいのではないか」との見方を示し、一定の規模を確保するため、複数薬局がチームで共同サービスを行っていく必要性を指摘した。



HOME > ニュース > 技術料を薬局経営の柱に‐厚労省・鈴木審議官、対人サービスへ業態転換促す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!