【厚労省】期限切れポリオワクチン、相次ぐ誤接種で注意喚起

2015年7月28日 (火)

ニュース


 厚生労働省は、サノフィの不活化ポリオワクチン「イモバックスポリオ皮下注」で有効期限の切れたワクチンの誤接種が相次いで報告されていることから、医療機関で不活化ポリオワクチンを含め、全てのワクチン接種時に有効期限の確認を周知するよう都道府県担当者に注意喚起した。

 厚労省によると、今月15日時点で有効期限の切れたイモバックスポリオ皮下注の誤接種が48件あった。現在のところ、誤接種による健康被害が生じた事例などは報告されていない。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】期限切れポリオワクチン、相次ぐ誤接種で注意喚起

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS