【厚労省】NDB白書の作成に着手‐傷病名、年齢などでデータ集計

2015年8月4日 (火)

ニュース


 厚生労働省は、民間企業がレセプト情報・特定健診等のナショナルデータベース(NDB)を学術研究などの公益目的で二次利用できるよう、NDBデータを傷病名や地域、年齢などの単位で集計した報告書「NDB白書(仮称)」の作成に着手する。来年2月の完成を目指し、集計結果についてはホームページ上で公表する。7月30日に開かれた「レセプト情報等の提供に関する有識者会議」で了承された。

 これまで、民間利用の仕組みを検討してきた有識者会議では、データの全体像を把握したいという企業側の要望を踏まえ、様々な調査に活用できる基礎的なデータの集計表を作成し、公表する仕組みが必要であると提言していた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】NDB白書の作成に着手‐傷病名、年齢などでデータ集計

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!