【厚労省】薬局ビジョンの実現へ新事業‐医薬局概算要求、前年度比2割増の約107億円を計上

2015年8月31日 (月)

ニュース


後発品の品質情報で冊子発行

 厚生労働省医薬食品局の2016年度予算概算要求は、前年度比20.1%増の106億8900万円を計上した。年内に策定する「患者のための薬局ビジョン」の実現に向け、健康サポート機能の充実や24時間対応、在宅対応するための薬局の地域連携体制作りに向けた取り組みなど、かかりつけ機能の強化のためのモデル事業を実施する。後発品の品質に関する信頼性を高めるため、有効成分ごとに品質情報を体系的にまとめた冊子「ブルーブック」(仮称)を新たに発行することなどを盛り込んだ。

 医薬食品局の概算要求は、推進枠を生かして大幅な増額を求めた。薬剤師関連では、患者のための薬局ビジョンの推進に新規で2億2500万円を要求。「健康づくり支援薬局」(仮称)の基準を作成し、来年度から公表することを踏まえ、モデル事業によって基準を上回るような健康サポート機能を発揮する先進的な取り組みを支援する。



HOME > ニュース > 【厚労省】薬局ビジョンの実現へ新事業‐医薬局概算要求、前年度比2割増の約107億円を計上

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!