【中医協薬価部会】新薬創出等加算の維持・継続を‐製薬業界が意見陳述

2015年8月31日 (月)

ニュース


17年消費増税薬価改定は反対

意見陳述に臨む業界代表

意見陳述に臨む業界代表

 中央社会保険医療協議会は26日、薬価専門部会を開き、次期薬価制度改革に向けて製薬業界から意見聴取した。日本製薬団体連合会、米国研究製薬工業協会(PhRMA)、欧州製薬団体連合会(EFPIA)は、「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」の維持・継続を主張。2017年4月に予定されている消費税率10%引き上げに伴う薬価改定については、反対の姿勢を示した。

 日薬連の野木森雅郁会長は、政府の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)が掲げている「後発品数量シェア80%」の目標達成を引き合いに、新薬創出等加算の維持・継続、先駆導入加算の要件緩和と加算率の拡大などといった、さらなるイノベーションの評価を求めた。



HOME > ニュース > 【中医協薬価部会】新薬創出等加算の維持・継続を‐製薬業界が意見陳述

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!