【厚労省検討会】健康づくり支援薬局の要件案‐一般薬「中分類」ごとに2銘柄以上

2015年8月31日 (月)

ニュース


 厚生労働省は26日、「健康情報拠点薬局(仮称)のあり方に関する検討会」に、健康づくり支援薬局(仮称)の要件案を示した。薬局利用者が相談しやすい環境を作るため、日本医薬情報センター(JAPIC)の一般用医薬品集の製品群で「中分類」ごとに2銘柄以上の医薬品を取り扱うことや、薬剤師が一般薬の安全・適正な使用を通じた健康相談などに対応できるようにするため、一定の研修を修了することなどを求めた。名称については、多くの委員から、これまで用いてきた「健康づくり支援薬局」を支持する意見が出た。

 厚労省は、健康づくり支援薬局(仮称)が取り扱うべき一般薬について、いわゆる売れ筋の品目のみではなく、万遍なく取りそろえるべきとの観点から、原則として80ある中分類につき2銘柄以上とすることを要件案として示した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省検討会】健康づくり支援薬局の要件案‐一般薬「中分類」ごとに2銘柄以上

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS