【中医協】速やかな保険適用を要望‐患者申出療養制度、患者団体から意見聴取

2015年9月14日 (月)

ニュース


 中央社会医療保険協議会は9日の総会で、患者からの要望を起点に、最先端の医療技術や国内未承認の医薬品・医療機器等を用いた保険外の診療と保険診療との併用を可能にする「患者申出療養制度」について、全国がん患者団体連合会と日本難病・疾病団体協議会から意見聴取した。両団体とも保険外診療の併用という形で、国内未承認の医薬品や医療技術が保険収載に至ることなくとどまれば、患者負担が重くなるとの懸念を示し、制度で認められ、有効性・安全性が確認されたものについては、速やかに保険収載することを要望した。

 難病協議会は、先進医療の総医療費のうち、先進医療部分が7割超を占めており、増加傾向にあるとの現状を示した。その上で、保険収載に至ることなくとどまる医療について、「一部の富裕層にしか適用されない」とし、制度の不公平さを指摘した。



HOME > ニュース > 【中医協】速やかな保険適用を要望‐患者申出療養制度、患者団体から意見聴取

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!