【NPhA調査】かかりつけ薬局機能、約8割が「在宅」挙げる‐OTC品目は100品目以下

2015年9月18日 (金)

ニュース


 日本保険薬局協会(NPhA)は10日、かかりつけ薬局に関するアンケート調査結果を発表した。それによると、かかりつけ薬局として必要な機能としては約8割が「在宅への取り組み」を挙げた。また、OTC薬の取扱品目については、「1~100品目」との回答が約8割を占めた。

 調査は、NPhA会員薬局を対象に行い、2621薬局から回答を得た。

 最近は、かかりつけ薬局の推進が急速に求められているが、調査では今後かかりつけ薬局として必要な機能について聞いた。その結果、「在宅への取り組み」が78.9%で最も多くなった。次いで、「健康相談窓口」の54.9%、「患者情報の一元管理」の53.9%が半数を超えた。



HOME > ニュース > 【NPhA調査】かかりつけ薬局機能、約8割が「在宅」挙げる‐OTC品目は100品目以下

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!