【日本イーライリリー/住友重機械】Aβの標識化合物、合成設備を国内初承認

2015年10月14日 (水)

ニュース


 日本イーライリリーと住友重機械工業は、アルツハイマー型認知症(AD)が疑われる認知機能障害を持った患者の脳内アミロイドβ(Aβ)プラークを可視化する標識化合物「フロルベタピル注射液」を製造する合成設備「MPS200Aβ」の医療機器製造承認を取得した。脳内AβのPET検査に用いられる放射性医薬品合成装置としては国内初承認となる。住友重機械が11月から販売を開始し、ADの適切な診断に生かす。

 フロルベタピルは、ADの原因の一つであるAβをPET検査により、画像化するために使用される放射性標識化合物。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日本イーライリリー/住友重機械】Aβの標識化合物、合成設備を国内初承認

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!