【薬食審調査会】トロキシピドを第2類に‐ビダラビンは第1類据え置き

2013年7月30日 (火)

ニュース


 薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会の安全対策調査会は25日、製造販売後調査を終了した第1類2成分のリスク区分の見直しを審議し、口唇ヘルペスの再発治療に使用する抗ウイルス薬「ビダラビン」(販売名:佐藤製薬「アラセナS」ほか)を第1類に据え置き、胃炎・胃潰瘍治療薬「トロキシピド」(佐藤製薬「イノセアバランス」ほか)を第2類に引き下げる案をまとめた。

 ビダラビンの製造販売後調査の結果では、重篤と判断された副作用がなかったが、類薬の「アシクロビル」は、過去に口唇ヘルペスで医師の診断治療を受けた人に限定され、自己治療の範囲であるか否かを見極めて使用する場合の判断が難しく、第1類に指定されており、同様の区分にすることとした。



HOME > ニュース > 【薬食審調査会】トロキシピドを第2類に‐ビダラビンは第1類据え置き

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!