【米インヴェンティヴ】マッケルビー氏、「癌・中枢・循環」で勝負‐CRO事業の国際展開加速

2015年11月2日 (月)

ニュース


マイケル・マッケルビー氏

マイケル・マッケルビー氏

 製薬企業向け受託大手の米インヴェンティヴで医薬品開発支援(CRO)事業を統括するマイケル・マッケルビー氏は、本紙のインタビューに対し、他のグローバルCROへの対抗策として、全疾患領域を対象とした治験をカバーしながら、「癌、中枢神経系、循環器の三つの疾患領域における医薬品開発支援で差別化していきたい」との方向性を語った。今後拡大を目指す日本市場での事業基盤も着々と固まりつつあり、CRO部門100人体制を達成。今後、営業・マーケティング支援のCSO事業との相乗効果創出も検討していく方針を強調した。

 マッケルビー氏は、製薬企業からCROへの外部委託市場について、「CROへの外部委託が強くなっている」と拡大基調にある見解を示した。中でも、製薬企業とCROが単発ではなく複数の開発品目で戦略的提携を結ぶのを背景に、「グローバルで展開するCRO上位10社へのニーズが強まっている」と規模感が重視されている傾向にあると語った。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【米インヴェンティヴ】マッケルビー氏、「癌・中枢・循環」で勝負‐CRO事業の国際展開加速

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS