【中医協総会】ICU室内の薬剤師配置、診療報酬で評価に異論なし

2015年11月9日 (月)

ニュース


 厚生労働省は4日、特定集中治療室(ICU)など高度急性期医療を行う病棟の治療室内への薬剤師配置について、診療報酬で評価することを中央社会保険医療協議会総会に提案し、大筋で了承された。支払側委員からは「専任」を要件とするよう求める意見が出たものの、ICU等への薬剤師配置を診療報酬で評価することについての異論はなかった。

 2015年度の入院医療等の実態調査では、48%と約半数のICUに専任の薬剤師が配置され、1週間当たり27.6時間の業務を実施していることが判明。薬剤関連のインシデント減少等の効果が得られていることが明らかになった。ただ、これまで薬剤師の病棟業務を評価する「病棟薬剤業務実施加算」は、特定集中治療室管理料をはじめとする特定入院料に含まれるとされ、ICU等の入院患者は算定対象となっていなかった。



HOME > ニュース > 【中医協総会】ICU室内の薬剤師配置、診療報酬で評価に異論なし

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!