【中医協総会】在宅での投薬数減評価を‐厚労省が提案

2015年11月17日 (火)

ニュース


 厚生労働省は、11日の中央社会保険医療協議会総会に、在宅での薬剤管理に関する論点を示し、薬剤師が患者宅などを訪問して疑義照会などを行い、投薬数を減らす取り組みを新たに評価する案を提示した。

 外来では、薬剤師が重複投薬、相互作用を防止する目的で処方医に疑義照会を行った場合の評価として「重複投薬・相互作用防止加算」が設けられているが、在宅業務では、残薬確認や減薬のための疑義照会に関する評価はない。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【中医協総会】在宅での投薬数減評価を‐厚労省が提案

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!