【ファイザー日本法人】実臨床の患者DB構築へ‐原田医薬開発部門長「PMSでグローバルの主導権を」

2013年8月2日 (金)

ニュース


原田明久氏

原田明久氏

 ファイザー日本法人の上席執行役員医薬開発部門長の原田明久氏は、本紙のインタビューに応じ、製造販売後調査(PMS)の患者データベース(DB)を構築する考えを明らかにした。将来的にはPMSだけでなく、治験データなどの様々な情報基盤を統合し、医薬品開発や市販後の安全対策に活用できる“ビッグデータ”にする構想を持つ。原田氏は、「日本では承認されたほぼ全ての薬剤が保険償還を受けられ、いち早くPMSデータを取得できる環境にある。集積したデータから得られた副作用リスクなどの知見を、ファイザーの各拠点に発信できるようにしたい」と強調。PMS領域で日本発のエビデンスを発信していく構えだ。

 ファイザー日本法人では、医薬品の世界同時開発の加速を背景に、世界とほぼ同時期に上市できるまで開発体制を整備してきた。その一方で、上市後の実臨床で多症例の臨床データを集積し、リスク・ベネフィットを評価するPMSの重要性が高まっている。



HOME > ニュース > 【ファイザー日本法人】実臨床の患者DB構築へ‐原田医薬開発部門長「PMSでグローバルの主導権を」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!