【国立がん研究センター】乳癌でアカデミア発・新薬開発‐未承認薬用い医師主導治験

2013年5月10日 (金)

ニュース


 国立がん研究センターは8日、昨年設立した新薬開発拠点の「早期・探索臨床研究センター」で乳癌を対象とした未承認薬の医師主導治験を開始したと発表した。同センター中央病院など、国内3施設の病院と研究機関の院内体制を活用し、アカデミア発の新薬開発を実現させる。

 新たに開始した医師主導治験は、ホルモン受容体が陰性かつHER2過剰発現のないトリプルネガティブ乳癌を対象に、既承認薬のエリブリンと未承認薬のオラパリブの併用効果を検討するもの。日本医師会治験促進センターの治験推進事業の支援により実施する。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【国立がん研究センター】乳癌でアカデミア発・新薬開発‐未承認薬用い医師主導治験

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS