【厚労省】成田審議官「地域で薬局活用アピールを」‐OTC販売の立場示すべき

2013年8月7日 (水)

ニュース


成田昌稔大臣官房審議官

成田昌稔大臣官房審議官

 厚生労働省の成田昌稔大臣官房審議官(医薬担当)は1日、就任後初めて専門紙の共同取材に応じ、地域医療の中で薬局・薬剤師の役割が重要になってくるとの認識を示し、「チーム医療の中で薬剤師がどういう役割を果たし、薬局という拠点をどう生かしていくか、これからアピールしていく必要があるのではないか」と語った。その上で、一般薬のインターネット販売が解禁される中、「もう少し薬局としてOTC薬販売の立場を示していく必要がある」と促した。

 成田氏は就任に当たって、「医薬担当として医薬品・医療機器に関しては、まず品質・有効性・安全性が基本。そういう観点から仕事をしていきたい。その上で、政府の日本再興戦略に示された内容を、関係者と一緒に連携し、協力しながら進めていきたい」と抱負を語った。



HOME > ニュース > 【厚労省】成田審議官「地域で薬局活用アピールを」‐OTC販売の立場示すべき

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!