【ヴィーブヘルスケア】米BMSの抗HIV薬事業取得‐買収総額約1700億円

2016年1月22日 (金)

ニュース


 ヴィーブヘルスケアは、米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)の抗HIV薬事業の研究開発資産を買収すると発表した。買収額は契約一時金とマイルストンを含め、総額で14億5500万ドル(約1700億円)となる見込み。開発後期段階の抗HIV薬に加え、HIVに関連した前臨床と創薬段階の研究資産も獲得する。取引完了は年前半となる見込み。

 ヴィーブヘルスケアは、英グラクソスミスクライン、ファイザー、塩野義製薬が資本参加するHIVに特化した製薬企業。BMSが開発中の抗HIV薬のパイプラインには、第III相段階にアタッチメント阻害薬「BMS-663068」、後期第II相段階にマチュレーション阻害剤「BMS-955176」がある。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【ヴィーブヘルスケア】米BMSの抗HIV薬事業取得‐買収総額約1700億円

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS