【文科省】研究不正でタスクフォース‐今秋に再発防止へ方向性

2013年8月9日 (金)

ニュース


 下村博文文部科学相は2日、閣議後会見で、相次ぐ研究費の不正利用や論文ねつ造を受け、再発防止に向けた「研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォース」を設置すると発表した。タスクフォースは、福井照副大臣を座長に、秋頃までに再発防止の方向性をまとめ、必要な措置を講じる。

 最近、東京大学で分子細胞生物学研究所元教授らの43本に上る論文ねつ造、政策ビジョン研究センター教授の研究費詐欺容疑による逮捕、さらに北里大学の補助金不正受給などが相次いで発覚した。



HOME > ニュース > 【文科省】研究不正でタスクフォース‐今秋に再発防止へ方向性

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!