【厚科審部会】HBVワクチン、10月から定期化‐4月以降出生の乳児対象に

2016年2月9日 (火)

ニュース


厚科審部会で了承

 厚生科学審議会の予防接種基本方針部会は5日、B型肝炎ワクチンについて10月から定期接種化することを了承した。4月以降に生まれた1歳未満の乳児を対象に原則3回接種する。定期接種化に向け、予防接種法の政省令改正を行う。一般への意見募集を行い、自治体の準備期間、国民への周知期間を踏まえて公布する予定。

 B型肝炎ワクチンの定期接種化は、2012年に同部会が示した「予防接種制度の見直し(第2次提言)」において広く接種を促進すべきワクチンに指定され、13年の予防接種法の改正案に対する附帯決議でも結論を得ることが求められており、昨年1月に予防接種分科会で技術的な検討結果がまとめられた。



HOME > ニュース > 【厚科審部会】HBVワクチン、10月から定期化‐4月以降出生の乳児対象に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!