【都薬】次期改定“かかりつけ”重視‐石垣会長「努力目標達成へ会員支援」

2016年2月18日 (木)

ニュース


 東京都薬剤師会の石垣栄一会長は12日の定例会見で、2016年度調剤報酬改定の答申(10日)を受けてコメントした。石垣会長は、「“かかりつけ薬剤師”がキーワードになっている」とし、「これに関しては、2025年に向かってわれわれ薬剤師がやらなくてはいけないことの道筋が表されており、地域包括ケアの中で薬剤師と薬局のあるべき姿を示したものだと捉えている」と語った。

 石垣氏は今回の改定に関して、「今までと一番大きく違ったのは、かかりつけ薬剤師という部分に対して大きな変化があったこと」とし、「かかりつけ薬剤師指導料、かかりつけ薬剤師包括管理料という新しい考え方の中で評価されているわけだが、確かに要件としては厳しいし、当然そのような見方をしなくてはならない」と指摘。その上で、私見としながら「先を見て現在やらなくてはいけないことをきちんと考えて業務に取り組んでいる薬剤師、薬局にとっては少し頑張ればクリアできるかもしれない。逆に、これまでも温度差はあったが、温度の低い薬剤師、薬局にとっては非常にハードルが高い」と述べた。

 都薬としての対応については、「詳細を整理してから会員に何ができるかを考えなくてはならないが、努力目標が示されたことで、決まったことに対して頑張って向かっていくしかないと思っている」との考えを強調した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【都薬】次期改定“かかりつけ”重視‐石垣会長「努力目標達成へ会員支援」

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!