【厚労省】日本脳炎ワクチンの出荷容認‐化血研製品、自粛を解除

2016年3月1日 (火)

ニュース


 厚生労働省は2月26日、化学及血清療法研究所が製造販売している乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン「エンセバック皮下注用」についての出荷自粛を解除した。昨年9月から承認書と違う方法で製造していたワクチンの出荷自粛が要請されていたが、厚労省の品質検査の結果、安全性に影響はないと結論づけられたため、供給不足を避けるべきと判断した。

 化血研は、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン「エンセバック皮下注用」について、267カ所が承認書と異なっていたことを報告している。厚労省は、これら報告された項目を全て確認したところ、製品の品質・安全性等に重大な影響を及ぼす可能性は低いと判断。厚生科学審議会感染症部会に報告された意見書を踏まえ、改めて委員に意見を求めたところ、エンセバックの出荷を認め、供給不足を避けるべきと結論された。



HOME > ニュース > 【厚労省】日本脳炎ワクチンの出荷容認‐化血研製品、自粛を解除

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!