【厚労省】医療機器、海外認証でも可‐TPP協定受け薬機法改正へ

2016年3月7日 (月)

ニュース


 厚生労働省は、1日の薬務主管課長会議で、昨年10月に環太平洋経済連携協定(TPP)が大筋合意したことを受け、海外の民間認証機関が安全性を認めた医療機器を国内でも使えるようにするため、医薬品医療機器等法(薬機法)の一部改正を行うと説明した。

 TPP協定では、締約国は、他の締約国の領域内に存在する「適合性評価機関」に対し、自国の領域内または他のいずれかの締約国の領域内に存在する「適合性評価機関」に与える待遇よりも不利でない待遇を与えるとされている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】医療機器、海外認証でも可‐TPP協定受け薬機法改正へ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS