【NPhA】自己研鑽し期待に応えたい‐診療報酬改定で中村会長

2016年3月10日 (木)

ニュース


中村勝会長

中村勝会長

 日本保険薬局協会(NPhA)の中村勝会長は4日、2016年度診療報酬改定などの現況を受けて、NPhAとしての考え方等を発表した。その中で、薬剤師の立場から見た今回の改定に関し、「地位向上や専門性の深掘りと共に、“かかりつけ薬剤師”として国民から指名される責任の重さと自覚が必要となる」と指摘。「自己研鑽に励み、国民からの期待、行政機関からの期待、医師からの期待、その他様々な期待に応えていくことが求められる」と述べた。

 中村氏は16年度の診療報酬改定について、「“かかりつけ薬剤師”が定義されたことは画期的なこと」と強調。「国民にとって、処方箋薬・OTC薬・サプリメント・トクホ・機能性表示食品などの相談ができ、服薬状況等を一元的・継続的に把握できる“かかりつけ薬剤師・薬局”の存在は、生活の質の向上と安心感につながると思う。特に、健康サポート薬局で明示されていた“対物から対人”への流れは率先して取り組まなければならない」とし、「NPhA会員一同は、病に苦しむ患者さんのことを真摯に受け止め、24時間対応可能な体制を整え、地域医療連携を推進していく」との考えを示した。



HOME > ニュース > 【NPhA】自己研鑽し期待に応えたい‐診療報酬改定で中村会長

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!