【ネグジット総研調査】かかりつけ、7割が同意困難‐基準加算は47%が「算定できず」

2016年3月15日 (火)

ニュース


 2016年度診療報酬改定で新設される「かかりつけ薬剤師指導料」(70点)の算定要件で、保険薬局薬剤師の7割近くが「患者の同意を得ること」を最も難しいと考えていることが、ネグジット総研が実施した改定前調査で明らかになった。かかりつけ機能を評価するため一本化された基準調剤加算(32点)は、4月以降「算定できない」との回答が47.0%に上ったほか、門前薬局の評価を見直すため細分化される調剤基本料についても、現在91%の薬局が41点を算定しているのに対し、4月以降の「調剤基本料1」の算定薬局は76%程度と、算定割合が15%程度下がることが判明した。

 調査は、2月24日から今月6日までドラッグストア調剤部門を含む保険薬局勤務薬剤師336人を対象にウェブアンケートを行ったもの。回答のあった約3割が2~5店舗、約2割が単店と、約半数が小規模薬局で、回答者の半数以上が管理薬剤師だった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【ネグジット総研調査】かかりつけ、7割が同意困難‐基準加算は47%が「算定できず」

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS