【MSD】15年売上9.7%減の3400億円‐アルバレズ社長「キートルーダに大きな期待」

2016年3月29日 (火)

ニュース


トニー・アルバレズ社長

トニー・アルバレズ社長

 MSDのトニー・アルバレズ社長は24日に都内で記者会見し、2015年売上高が9.7%減の3400億円と落ち込んだことについて、16年度薬価改定で導入された特例拡大再算定制度やジェネリック医薬品(GE薬)の浸透など「市場の予見性が難しくなっている」と指摘。「積極的な投資が難しい状況にあって、外部環境を厳しくモニタリングするのが重要な課題」との認識を示した。今後に向けては、複数の癌腫で国内申請中の抗PD-1抗体「キートルーダ」や、昨年に長期処方が解禁された不眠症治療薬「ベルソムラ」などの期待の新薬を国内市場に投入し、「成長トレンドが2~3年後にやってくる。現在はその入り口に立っている」と巻き返しに自信を見せる。

 MSDの15年売上高は前年比9.7%減の3400億円。ジェネリック医薬品(GE薬)の浸透、参天製薬への眼科事業売却などが減収要因だ。



HOME > ニュース > 【MSD】15年売上9.7%減の3400億円‐アルバレズ社長「キートルーダに大きな期待」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!